寄附のお願い

募金の趣意

同窓会および地域社会の各界における皆様には,本学の充実と発展のため,本学教育・研究振興会基金にご支援いただき,とりわけコロナ禍での学生諸君への支援に関して,多大なご寄附(約3,422万円)を賜りまして,厚くお礼申し上げます。

本年は理工学部改組3年目となりその趣旨を活かして,ICTやAIの本質を理解して使いこなし,もの・価値づくりに貢献できる学生諸君を育てる工業大学ならではの情報教育を推進しています。

またコロナ禍での感染症防止対策の一環として,密を避けた対面とリモートのハイブリッド型の授業をいち早く実践しつつ,教育と研究活動に精力的に取り組んでおります。

朝日新聞出版社の大学ランキング2022によるとコンピュータ科学分野の論文1報あたりの被引用指数(他の研究者の参考となり論文の質が高いことになる)は日本で第2位となり,本学は4年連続で高い評価を得ています!!

また,主に研究力の観点から評価したタイムズ・ハイヤー・エデュケーション(Times Higher Education)の世界大学ランキングには3年連続でランクイン(1001+位)し,Engineering部門では601〜800位となり,国立工業系大学のなかでは東京工大についで,九州工大と東京農工大と同じく2位グループとなりました。

学生諸君の頑張りも素晴らしく,今年4月には学生諸君が大いにその設計や作成に関与した超小型衛星「ひろがり」がクラウドファンディングによる皆様の幅広いご支援にも支えられて,打ち上げられ,宇宙空間から様々なデータを送ってきてくれています。

さらに,価値ある大学2022年版 就職力ランキング(日経HR,2021年6月2日発行)の企業の人事担当者から見た大学イメージ調査では,総合ランキングで道内3位にランクインし,企業から高い評価を得ています。

延べ40,000名を超える卒業生の皆さんの活躍と社会での実績と,エビデンスに基づいた「確かな研究力をベースとした教育」を本学の強みとして,学生諸君が存分に力を発揮できる教育・研究環境整備を目指します。

今こそ,コロナ禍で頑張っている学生諸君に対するより一層の経済的支援が急務です。教育・研究振興会基金に関しては,所得税額控除の選択も可能です。本基金の趣旨にご理解,ご賛同いただき,格段のご支援を賜りますよう,お願い申し上げます。

令和3年7月

国立大学法人室蘭工業大学学長 空閑 良壽

募集要項

室蘭工業大学では、教育研究の活性化のためにご寄附を受け付けています。
詳細・お申込み方法などは「募集要項」をご覧ください。

事業内容

主たる事業として、学生等修学支援事業、研究等支援事業(令和4年度新設)、成績優秀者奨励事業を実施します。
事業の詳細については「事業内容」ご覧ください。

寄付のお申し込み

クレジットカードを使用するお申し込み

クレジットカードでの寄附をご利用の場合は、寄付額をご記入の上、寄附ボタンを押してください。
寄附ボタンを押していただきましたら、氏名・住所・クレジットカード情報を記入するフォームが表示されます。

※ クレジットカードでの寄附手続きが完了後、寄附者指定のメールアドレス宛に「メールタイトル:クレジットカード決済の受付完了について」のメールをお送りいたします。
 本メールは、クレジットカード決済代行会社のメールサーバから本学通知用メールアドレスを使用して通知する仕様となっているため、寄附者が利用しているメールサービス(Gmail等)によっては、メール送信元の相違による警告通知が出ることがありますので、ご留意ください。
 なお、決済が完了しても本メールが届かない場合は、お手数ですが、次のお問い合わせフォームからお問い合わせください。
  室蘭工業大学お問い合わせフォーム:
  https://muroran-it.ac.jp/guidance/about/contact/

銀行振込・現金を使用するお申し込み

銀行振込・現金での寄附も受け付けています。
フォームに必要事項をご入力いただき、お申し込みください。



※1 個人情報の取扱いについて
本申込に記載された住所、電話、氏名及び寄附金額の個人情報は、領収書発行その他の寄附金受入れに関する業務にのみ使用し、他の目的には使用しません。

※2 ご意見・ご要望について
室蘭工業大学教育・研究振興会に対するご意見等は、今後の取り組みの参考にさせていただきます。

※3 領収書の発行について
領収書の発行は、本学での入金確認後となります。なお、クレジットカードの場合は本学への入金に時間を要するため、領収書の発行にも時間を要しますので、予めご了承ください。