希土類材料研究センター

概要

希土類材料研究センター(愛称:ムロランマテリア)は、地球温暖化ガスの排出低減など人類共通の喫緊の課題に材料工学の視点から対処することを目的に設置された希土類の有効利用に関する研究を進める国内唯一の研究組織です。
本センターの研究対象は、省エネルギー材料、エネルギー変換材料などで、センターが所有する最新鋭の装置を駆使して、活発な研究が行われています。

また、本センターは大学院生を対象とした、専攻横断型の教育プログラムを担当しており、材料工学分野で活躍できる高度な専門職業人の養成に貢献しています。さらに、希土類の有効利用をテーマとした国際ワークショップの主催及び本センターが中心となり外部の大学や研究機関と共同研究を実施し、希土類材料研究に関する国際的研究ネットワークの構築を目指しています。また,希土類材料、エネルギーをテーマとした講演会の開催や希土類材料研究の啓蒙活動も行っています。

住所

〒050-8585
北海道室蘭市水元町27番1号
室蘭工業大学 教育・研究12号館(X棟1階)X109
希土類材料研究センター 事務室

TEL0143-46-5644
FAX0143-46-5644
E-mail:kidorui[at]mmm.muroran-it.ac.jp
(送信時は[at]を@に変更してください。)