室工大ニュース

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の「次世代研究者挑戦的研究プログラム」に採択されました

本学から申請した「次世代イノベーションを駆動する異分野融合博士人材育成支援プロジェクト」が国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の次世代研究者挑戦的研究プログラムに採択されました

【 「次世代研究者挑戦的研究プログラム」について】
 博士後期課程学生は、我が国の科学技術・イノベーションの将来を担う存在ですが、近年、「博士課程に進学すると生活の経済的見通しが立たない」「博士課程修了後の就職が心配である」等の理由により、修士課程から博士後期課程への進学者数及び進学率がいずれも減少傾向にあるなど、危機的な状況が指摘されています。

 このような状況を打破するため、①我が国の科学技術・イノベーションの将来を担う優秀な志ある博士後期課程学生への経済的支援を強化し、②博士人材が幅広く活躍するための多様なキャリアパスの整備を進めることを一体として主体的に行う実力と意欲のある大学について、新たに大学の研究科や研究室など既存の枠組みを越えて優秀な博士後期課程学生の選抜等を行う事業統括を選定し、そのリーダーシップのもと、当該博士後期課程学生に対する様々な支援を実施・展開する大学の取組を国として支援するものです。

 ※次世代研究者挑戦的研究プログラムのHP(https://www.jst.go.jp/jisedai/outline/index.html)より抜粋

【本学のプロジェクト】
 室蘭工業大学では董 冕雄副学長を事業統括とした次世代イノベーションを駆動する異分野融合博士人材育成支援プロジェクト」を今年度から開始し、博士後期課程の優秀な学生を選抜し、修業年限中に生活費相当額および研究費を支給するとともに、優秀な学生の研究・自己研鑽を支える経済支援および多様なキャリアパス形成支援を行います。これにより、分野トップレベルの本学コンピュータ科学分野と建築土木、機械航空、電気電子、物理、化学、生物など様々な科学技術分野とを両輪とした異分野融合型の人材育成、産業界と連携した「武者修行」型長期インターンシップによる実践的スキルの獲得を図り、多様なキャリアパスで活躍できる次世代イノベーション博士に必要な異分野融合型人材を育成します。

【募集内容(予定)】
募集人数:博士後期課程各学年4~6名/年度、合計14名
生活費相当額:年額約220万円
研究費:年額約70万円

応募方法など詳細は、近日中にお知らせ致します。

本件担当:学務課教務企画係、研究協力課研究戦略係